陣取り合戦の中心にいる岩国

陣取り合戦には4種類

さて、岩国市は、山に上海電力、海に米軍、西に田布施教、東洋CARP(鯉?宗教?)

中国/米国/韓国/CARPはどこ??に囲まれ、中心に居るのは岩国市民という「陣取り合戦」がずいぶん前から続いています。(別名:戦争と言う)

陣取り合戦には4種類あり、

  • 呪い合うもの
  • 情報を操るもの
  • 武器を使うもの
  • 生物兵器を使うもの

これらを一般人に見えないよう遂行するのがプロフェッショナルの戦争屋です。

最近、話のネタにあがる旧統一教会?SDGs?ワクチン○回目?
こういう出来事にいちいち反応していると、何が良くて何が悪いのか分からなくなります。全部必要なかったりします。

ここまでのまとめ

物事は本質から考えよう。
まわりを見渡して色々な話の情報整理してみましょう。

後天性免疫不全症候群になる前に

ところで、前回お伝えした
【後天性免疫不全症候群】についてご理解いただけましたか?

あれから4名のワクチン後にぶっ倒れた方が家族に連れられ、ほぼ寛解状態まで回復されてます。我ながらあっぱれ!手袋つけてオゾン装置を回しながら、平均3回でどうにかできます。

そして、ぶっ倒れる程じゃないけど、免疫不完全状態になっている方が多く来られ、治し方をほぼ確立。

よって今後は、

ぶっ倒れた方は(クラシックコース)で、免疫不全状態の方は(アクティブコース)で対応することにしました。料金詳細はこちら

なぜなら、

  • 自分が感染するリスク
  • 前後の人への感染リスク
  • 10月新(syringe)で予約パンク

を避けるためです。

2022年10月1日から特設コースでSTART

独り言

病院だと、抗生物質か下剤を使うんですよね。病院嫌いな人はイベルメクチンに手を出します。 最終的にどれも自分の免疫力が落ちて多臓器不全になるものばかりです。今のうちに方法論を変えましょう。

陣取り合戦の総大将の気持ちになって考えてみた!

2024年春まで人体実験と言いながら射て射てと煽り、勘のいい人が射たないのを見越し、飛び付く先(イベルメクチン)を演出。 免疫不全症候群に追い込む究極戦法を考えた黒幕。

なぜ究極と言えるか?1番バレずに確実に死へ導けるからです。陣取りのゴールはその先に有

頑張ろうIWAKUNI